貯金してたのに借金する羽目に

コツコツと貯金して10万円貯めました。ここまで2年かかりました。10万円あったら、フリーターの僕には心強い金額です。しかも大学の学費は自分で出しています。これから就職活動が始まるのでバイトはあまりできなくなります。なのでこの10万円で何とか3ヶ月は食いつないでいきたいと思っていた矢先・・・自転車に乗りながらスマホでポケモンGOをしていたので、小学生の子と接触して怪我をさせてしまい、賠償金を払うことになりました。その額40万円。

この10万円を充ててもあと30万円足りません。仕方がないのでスピードキャッシングで急いでお金を借りました。完全に僕が悪いので誰にも文句が言えません。大学生って幼いですね~。メチャクチャ危険ですね、自転車+ポケモンGO。

小銭貯金

一度にたくさん貯金をしようとしたことがありましたが、結局続かず、500円玉貯金を始めた時も結局、500円玉が欲しいため無駄な買い物が増えてしまいやめてしまいました。
今はその日の終わりにお財布の中の5がつく小銭を瓶に入れるようにしています。500円玉とかのくくりが無いため続けやすく子供の学校の写真代などが発生した時にもお釣りなしで持たせられるので重宝しています。開けられない貯金箱だとなぜだか続かなかったのが、すぐに取り出せる形をとり始めてからコツコツ貯金が出来るようになりました。

健康に気を使えば余計な出費が減る

コツコツ貯金をしていくためにはやはり日々の節約が大事ですね。私は健康に気を使うことで節約するようにしています。具体的には、鍼灸・整体・気功などの代替医療を取り入れたり、毎日筋トレをしたり、食事に気を使うことで体が本来備えている機能を引き出し節約につなげるようにしています。

2つ例をあげると、
1)体温調節機能が強化されれば冷暖房に依存しなくなり電気代が浮きます。
2)筋力や体力を強化しなるべく自分の足で歩くようにすれば交通費が浮きます。

このように余計な出費を減らし、その分を貯金にまわすようにしています。

つもり貯金

大昔に話題になった「つもり貯金」をしています。
喫茶店でケーキセットを頼んだら、800~1000円くらいかかってしまいます。そんな衝動を抑えて、コンビニで100~300円くらいのデザートを購入して自宅でコーヒー淹れて食べる。そして100円を貯金箱に投入。このようにちょっとした贅沢を安く済ませて、安上がりの分貯金する、という感じです。ただし、実際に得した金額ではなく一律100円にしています。安上がりになったし、貯金しても実際にかかったであろうお金よりもサイフから出ていってない!という感覚が続けられるモチベーションになっています。

子ども名義の通帳にお金をいれています

普段使うためのお金と、貯金するためのお金を別々の口座に入れています。しかも貯金のお金は子供の名義でつくった通帳に入れているのです。私が通帳を作った当時、子供の場合は銀行口座のカードを作ることができないルールになっていました(今はその銀行でも子供でもカードを作ることができるそうです)。カードがあるとATMでつい引き落とすことができますが、カードがない場合は印鑑と通帳で窓口で引き落とすしかありません。ですからどんどんたまっていきます。

使わない時は使わない使う時は使う

色々事情がありまして、今の所貯金は殆どありません。でも、そこで少ない稼ぎの中から、どうやって貯金するか?と考え、昔やっていた「500円貯金」を思い出しました。皆さんもやってる方結構いらっしゃるんじゃないかと思いますが、これが結構貯まります。お財布の中に500円が出来たら、私はお気に入りのがま口に貯める事にしました。一ヶ月で5000円くらい貯まりました。これで纏まったお金になったら銀行口座に貯金していくと一年で約6万貯まります。お気に入りのがま口に幾ら貯まったかな~と数えると楽しいので長続きしますよ(笑)

小銭まみれ

あらゆるところに貯金箱をおいています。私自身が置いている場所は、自分の部屋、車、主人の部屋、玄関、リビングです。財布に入っている小銭をすべて貯金箱にいれてしまいます。大切なことは貯金箱選びです。置く部屋のそれぞれのインテリアになじむように、お気に入りのものを選ぶようにしています。私は貯金箱がいっぱいになって開けた後、次に新しいものを買う時は前回と同じものを買っています。それだけ気に入っているし、選んでいる時間ももったいないからです(笑) 埃がかぶっているのをみると貯金するのも嫌になってしまうので掃除のついでに貯金箱も拭きます。煩わしいと思うことをせずシンプルにすることで自然にお金も貯まっていきます。